前へ
次へ

行政書士になるために必要なこと

行政書士は難易度の高い国家資格の一つです。行政書士になるには、必ずしも行政書士試験を受ける必要はありません。弁護士・司法書士・公認会計士・税理士のいずれかの資格を持っていたり、それらに付随する業務に一定期間以上従事していた場合には行政書士になる資格があると認められます。このような資格を持たない場合には、行政書士試験に合格しなければなりません。試験は年に一度しか行われないため、入念な準備が必要です。絶対評価であるため、一定の点数を取ることができれば合格です。なお、近年の合格率は10%以下です。市販の問題集などを利用して独学で合格することもありますが、通信教育やセミナーを利用する人も多いようです。

top用置換

top用置換2
Page Top